ボートは、短期間で費用計上できます。
(総トン数20トン未満の場合4年償却)

一般的なモーターボートの耐用年数(減価償却費)は4年間ですので、短期間で損金として計上できます。(※会社の経営状況により変化する場合があります)

固定資産の償却率

一般的なモーターボート 耐用年数 償却率
定額法(年率) 定率法(年率)
4年 0.250 0.500

貴社にとって大きな償却メリットがあります

例:1000万円のボートを購入→初年度500万円が経費計上できます。(決算月により変動)

 

ボート購入に関わる費用

1)イニシャルコスト
・船体(エンジン・備品・装備品一式含む)
・法定検査(含代行料)
・運送費
・オプション(航海計器他)
・マリーナ費用(申込金・預り金・船台)
・ボート免許取得受講料
2)ランニングコスト
・マリーナ年間保管料
・運航契約料
・法定検査(含代行料)
・ボート総合保険
・燃料代(リットル×時間×日×円)
・メンテナンス料
上記費用はすべて経費計上できます。(業態により変わりますので会計士さんともご相談ください)