まず法定備品を点検してください。船体中央船室内に格納してあります。点検内容・・船舶検査証書、船舶検査手帳・定員分のライフジャケット、消火バケツ・黒球・信号紅炎・救命浮環、フエ・アンカー、アンカーロープ

ライフジャケットは取り出しやすいようにデッキ中央のハッチ内に格納してあります。

次に燃料タンクを確認してください。燃料ホースコネクタがしっかり接続されていることを確認してください。

エアー抜きバルブをゆるめます。ゆるめる=反時計回し

バッテリースイッチを入れてください。アクセアサリー用スイッチも入れてください。中央ハッチ内です。写真はOFFです。

写真はON状態

写真はチルトUP状態です。この状態では絶対にエンジンを始動しないでください

運転席のリモコンの UP-DOWN スイッチで船外機をチルトダウンします。エンジンの下降が止まるまでスイッチを押し続けてください。

チルトダウン状態。

エンジンスタートキーを回してエンジンを始動します。この時異音や異常があった場合は090-3763-7388へすぐに電話ください。暖気運転は夏場5分、冬場10分程度必要です。始動直後の全開運転はお避け下さい。

スイッチ類の説明 上から 1番上のスイッチ=フリー(使っていません)2番目=全周灯   3番目=両色灯   4番目=キャビンライト   5番目=フリー   6番目=フリー

係船ロープには「2号前」「2号後」と書いてありますので船側でもやいをほどいて出港してください。帰港の際は同じ位置に着岸してください。

GPS魚探完備しています。船内に取り説が入っています。

プロペラが何かにあたったりアクシデントがあれば些細なことでも帰港後ご一報をお願いします。