まず法定備品を点検してください。左舷後方のハッチの中に格納してあります。点検内容・・・ ・船舶検査証書・船舶検査手帳・定員分のライフジャケット・消火バケツ・黒球・信号紅炎・救命浮環・フエ・アンカー(アンカーロープ

次に燃料タンクを確認してください。燃料ホースコネクタがしっかり接続されているか確認してください。

軽く触ってみて外れるようなことがないように。。。

エアー抜きバルブをゆるめます。

バッテリースイッチは右舷後方のハッチの中にあります。写真はOFFの状態。

 

バッテリースイッチをONにします。アクセサリースイッチもONにします。写真はONの状態。

チルトはUP位置にあります。この状態では絶対にエンジンを始動しないでください。

運転席のリモコンの UP-DOWN スイッチで船外機をチルトダウンします。

エンジンが下降して動きが止まるまでチルトダウンスイッチを押し続けてください。

運転席のエンジンスタートキーを回してエンジンを始動します。この時異音や異常があった場合は早朝深夜何時でもかまいませんので090-3763-7388へ異常の電話を入れてください。暖気運転は夏場5分、冬場10分程度必要です。エンジン始動直後の全開運転はご遠慮ください。

係船ロープには「1号前」「1号後」と書いてありますので船側でもやいをほどき出港してください。帰港の際は同じ位置へ着岸してください。

GPS魚探完備してます。取扱がわかる方はお使いください。船内に取扱説明書は完備されています。

プロペラが何かに接触したり何かアクシデントがあれば些細なことでも帰港後ご一報をお願いします。